こんにちは、筆 like 講師の山口華径(かけい)です。

 

わたしにとって手書きの文字とは、「ファッション」です。

 

伝えたい相手や、そのときのシチュエーションによって

着るものを替えるファッションとおなじで、

手書きの文字もそのときの自分の内面をさまざまなかたちで表します。

 

わたしが書道をはじめたのは、6才のときです。

IT社会がどんどん進んでいく中で、手書きの生活から離れ、

やがてOLになり、1日に6時間以上をパソコンの前で過ごすことも

少なくありませんでした。

仕事では、とても便利なメールに何度も助けられました。

 

メールは、立派な伝達手段です。

 

でも、いつもより特別な想いを伝えたくなったとき、

いつもとおなじメールでじゅうぶんですか?

 

特別な日に、ステキなレストランへ行くときに、

いつもよりおしゃれをしていくのとおなじように、

いつもとちがう「手書き」という方法で、表現をしてみませんか。

 

現代の忙しく働く女性たちの想いを、じょうずに、その人らしく

伝えるためのお手伝いができればと、このお教室をオープンいたしました。

  

サロン風のお教室で、文字の着替えを楽しみませんか?


【山口華径プロフィール】


6歳で書道を始める。古典書道を基礎から学ぶ。

楷書体を最も得意とし、「本格を気軽にたのしく」をモットーに、実用書道の普及に努め、2013年11月に筆ペンサロン「筆 like」をオープン。

第56回全国競書大会 漢字部 全国競書大会賞受賞

第27回国際架橋書展 日本書写技能検定協会理事長賞受賞

華心書道会同人



筆ペンSalon 筆 like
川崎市川崎区砂子2-5-7

山鉄ビル3階

TEL 070-5365-2102

✉ fudelike@willcom.com

ブログ

「筆 like の ふでライフ。」

http://ameblo.jp/fudelike